八田地区下高砂・徳永・榎原

2019年8月29日 (木)

八田山長谷寺の護摩と雨乞い

こんにちは。
Img_4961  令和元年八月二十日の午後7時から、榎原にある八田山長谷寺(ちょうこくじ)にて、恒例の夏祭りの護摩祈祷が行われました。
八田山長谷寺は、水が乏しく旱魃に悩まされてきた原七郷(上八田・西野・在家塚・上今井・吉田・小笠原・桃園の七つの村)にあっての湧水点の一つで、古来より雨乞いをする祈祷所でした。
←令和元年8月20日、榎原の八田山長谷寺。護摩壇の奥の前立て観音の、さらに奥の扉の向こうに、秘仏の十一面観音様がいらっしゃいます。
Img_4950
そして所蔵する秘仏、木造十一面観音立像は原七郷の守り神として地域住民の信仰を集めてきました。
 
 現在では、毎年3月春と8月夏の祭礼に、榎原長谷寺本堂(観音堂)で護摩焚きが行われています。
Img_4977
 この八田山長谷寺の護摩が古来から行われてきたことはまちがいなく、このブログでたびたび登場している江戸時代に書かれた野牛島要助さんの日記にも、雨乞として護摩を行った天保五年の記述があります。
←令和元年8月20日午後7時、榎原の八田山長谷寺で行われた護摩祈願。護摩とは、仏の智慧の火を以て苦の根元を焼きつくすことを表すそうです。

 今日はその護摩焚きを含めた長谷寺の雨乞い祈祷の箇所を確認してみたいと思います。

 野牛島に住む要助さんが文政七年十二月から天保九年四月までの14年間に記した中に、御嶽金峯山での雨乞いが1回ありましたが、それ以外の3回の雨乞いはすべて長谷寺で行われたものでした。
3717img20180320_13310606-2 ①天保三年七月十七日(1832年8月12日)『上八田村榎原村ニテ雨古い相初め』
5711img20180318_16504499 5711img20180318_16494156 ②天保五年七月九日~十八日(1834年8月13日~23日)『榎原村上八田村雨古い致申候飯野村在家塚西野沢登十五所吉田村上今井村々雨古い致申候』
57918img20180318_16520692_20190829170901 『榎原上八田村七月九日ゟ十六日迄観音様ニテ雨古いいたし相勤 同月十七日ニハ護摩 十八日同観音様御開帳御座候 両九ツ時ゟ曇り雨ふり 日暮迄夕立有 之申候我等儀参詣ニ仕候・・」
861926img20180320_10175130 ③天保八年六月十九日~二十六日(1837年7月21日~28日)『上八田榎原ニテ同月十九日ゟ観音様ニテ雨古い致し相勤十九日ゟ二十六日迄勤』
Img_4942   要助さんの日記にみえる、以上3か所の長谷寺雨乞いの記述ですが、やはりいずれも夏季に雨乞いが行われています。
Img_4989 特に、②の天保5年の雨乞いでは、長谷寺のある榎原村・上八田村をはじめ、原七郷のうち在家塚村・西野村・吉田村、さらに飯野村、沢登村、十五所村が挙って行い、
「まず観音堂で8日間の雨乞い祈願をしてダメで、次に護摩を行い、それでも雨が降らないので、ついに秘仏である観音様を特別に御開帳したところ、昼頃より曇って雨が降りだして日暮れまで夕立があった」とあります。
護摩の行われた八田山長谷寺観音堂(本堂)
観音様の力はすごいですね!

2018年4月 8日 (日)

長谷寺の鐘と村の出金(江戸時代)

こんにちは、八田うし子です。

Dsc_1110_2


 去る
318日は原七郷の守り神である、榎原・上八田の長谷寺の祭礼でした。

後には、法螺貝の音に導かれながら、かわいらしい稚児行列が榎原の集落センターを出発して長谷寺まで練り歩きました。

Dsc_1096


お天気にも恵まれて、その華やぎは春の訪れを存分に感じさせてくれました。

 

 そうそう、いま読んでいる江戸時代に八田野牛島地区の名主であった要助の日記(野牛島中島家資料)に、長谷寺の「時の鐘」に関する文政十年(1827年)の記述がありました。

 

長谷寺の鐘について、村々が出金した記録です。各村の出金額とその合計が記されています。村の名前をみていくと、この長谷寺を厚く信仰していた地域の範囲が浮かび上がります。

9 「上八田榎原両村時の鐘村の出金(文政10年2月3日)」

 

ー読み下しー

『上八田榎原両村時の鐘村の出金

 

 取定メ右の通り二月三日長谷寺にて出会

 

 一 甲金三分也   上高砂村

 

 一 同三分也    下高砂村

 

 一 同弐分弐朱也  徳永村

 

 一 同三分也    西野村

 

 一 同弐分也    在家塚村

 

 一 同弐分也    六科村

 

 一 同三分也    野牛島村

 

 一 同弐分也    榎原村

 

 一 同三分也    上八田村

 

 一 同三分也    百々村

 

 合わせて、甲金十一両二分二朱      』

 

 

長谷寺の時の鐘に関わり、これら村名の記された10村が文政1023日に出したお金が、合わせて、甲金十一両二分二朱。八田・白根地区にまたがる10の村々の名とその支出金額が連ねられています。

 

 単純にその額を足してみますと、甲金29分2朱となります。これを手元にある辞書を調べてみると、金1両=4分 1分=4朱とありますから、合わせて、金712朱になると思うのですが、「う~ん、合計が合わなーい」とちょっとがっかりしてしまいました。

 

気を取り直して、ページをめくると、

Img20180318_14312815
右の部分を拡大してみると、

 

92217
ー読み下しー

 

『ほかに

 

 甲金弐両弐分也 拾ケ村にて差出し、壱ケ村甲壱分づつ

 

 

 是ハ御内所謝礼ならびに隣事(臨時)

 

 入用白路う堂破損代

 

 遣ス』

 

とありました。

 

 臨時に、修理代として集められたお金があったのですね。実は、このページの赤線部分の「白路う堂」がうし子は最初、なんじゃこりゃ的ハテナ?だったんですけど・・・。皆さんもちょっと読んでみてください。

 

 当て字であると考えて、声に出して読んでみたら、

「白路う堂」→「はくろうどう×」?、→「しろろうどう△」→「しろうどう?」→「しょうろうどう♪」。あっ!

漢字に変換してみて「鐘楼堂」のことかな?と考えました。

 

 なにしろこの文書は個人的な日記なので、公的な文書とは違い、省略や当て字が多いのです。まさになぞなぞです!友人の富子さんにも考えてもらって、やっとわかりました。あ~楽しかった。

Dsc_1091現在の長谷寺の鐘楼堂の鐘。祭礼の幟の下には、一代前の鐘が置かれています。文書にある鐘は、さらに前にあった鐘であると考えられ、大東亜戦争で供出されて今はもうありません。

 長谷寺の鐘楼堂が破損して臨時にさらにお金を集めたということで、前ページのお金の他に、10村がそれぞれ甲金一分づつを出して、合わせて甲金十分=甲金二両二分が集まったとあります(謝礼代込みで)。しかし、この鐘楼堂破損代を上記の金712朱に足しても、なんだか合計が違うような~(甲金十一両二分二朱にならないよ~)・・・・・。文政10年当時の甲金(甲州金)の単位、その他もう少し検討が必要でしょう。調査継続中で~す。

 

2018年3月22日 (木)

杉山定平商店(榎原まちあるき)

こんにちは、うし子です。

Dsc_0994


榎原の長谷寺に続くバス通り沿い、榎原上のバス停前にあった商店、杉山定平商店を今日はご紹介します。

平成10年ごろに閉店したお店ですが、昭和時代のはじめから終わりまで、地域の多くの人々が、日常的に利用した思い出深い場所とのことでした。

経営者だった杉山定平さんの奥さんの杉山つるこさん(大正8年生)を訪ね、貴重な写真を見せていただきながらお話を伺いました。

Img20180221_13061131 こちらの写真の左端で赤ちゃんを抱っこしているのが30代になったばかりのつるこさんです。

Dsc_1000←こちらは現在のつるこさん99歳!


 

では、つるこさんとご家族のお話をもとに杉山定平商店の沿革をお伝えします。

Img20180221_13041141

 大正の終わりか昭和のはじめに杉山くらさんが杉山定平商店の前身となる杉山商店を開店しました。

昭和10年頃から一人娘のつるこ(大正8年生まれ)さんも手伝うようになりました。

昭和20年に徳永地区から定平さんが婿入りし、つるこさんの夫になりました。

←店の戸ににもたれかかっているのが杉山定平さんです。

太平洋戦争に招集され、小笠原諸島に派遣されていた定平さんが、終戦とともに無事に戻り、昭和21年には、杉山商店と同じ場所に杉山定平商店を新装開店したのです。

この商店では薪等の燃料から食料品、衣料品に履物など、生活に必要なあらゆる品々を少量ずつですが幅広く取りそろえていました。

昭和43年頃になると息子さんが就職したので、店舗を縮小して半分を住宅にしました。

Img20180221_13114930←これがその建て前の写真です。
Img20180221_13113446_2
Img20180221_13110704_2


店前のみちを挟んで向かい側には、今も昔も変わらず榎原
3組の道祖神があり、その横が山梨交通バス路線の榎原上のバス停になっていました。

甲府発で信玄橋を渡り、下高砂横町、榎原下(でんでん山下)、杉山商店前の榎原上、上八田のバス停があり、次に上八田経由で韮崎に行くバス路線で、多くの人が甲府駅への足として頻繁に利用していました。




杉山定平商店ではバスの切符も売っていたそうです。

 

↑バス停(榎原上)が棟祭りの祝の品に埋もれているのが見えるでしょうか? 酒樽にたわし、中に杉の葉と餅が詰められた小型の俵、同じく杉の葉と餅を包んだ筵など、このあと、棟祭りで投げられたであろう昭和40年代の祝いの品々も興味深いですね。

Img20180221_13091898

←杉山定幸さん(定平さんの長男)昭和45年くらい。

六科にあった笹本酒造の酒の銘柄である「笹正宗」と記されたベンチも写っています。

スを待つ多くの人が利用したのでしょうね。

今は亡き定平さんは下駄や草履の鼻緒を挿げ替えるのも上手で、バスを待つ間に素早く直してくれるので、たいへん客に喜ばれたそうです。

 

平成に入っても昔なじみのお客さんが通帳で買物ができたり、毎日通って店番しているつるこさんと世間話を楽しめるような、地域の人々にとって心癒されるつどいの場所だったそうです。

 

杉山定平商店は惜しまれながら平成10年頃閉店しました。 

P3031188榎原地区の昭和時代のお買い物史はこちらの杉山定平商店の存在なしには語れません。3月3日のまちあるきでは、往時の店の様子を地区在住の方に語っていただきました。参加者のみなさんの反応も上々でしたので、かつての店前の賑わいが戻ったようでした。

 

2018年3月21日 (水)

清水池(榎原まちあるき)

こんにちは、八田うし子です。

Dsc_0241


ここは南アルプス市榎原
660にある清水池(しみずいけ)です。

水神さんも祀ってあります。

でんでん山を八雲神社方面に降りていく道の途中の左側竹藪の手前にあります。

清水池は榎原地区の重要な湧水ポイントで古くから水の乏しいこの地区の人々に、その貴重な水が利用されてきました。

現在は湧水量が減ってしまったため唯の水たまりのようにみえます。

Photo_2しかし、この地の先人たちが代々利用してきた重要な場所として、今は地区の方々がこのような囲いを作って、水神さんとともに大切に守っています。

Photo うし子はこの施設を通りがかりに初めて見た時は驚きましたが、その前に立ってみると、往時の池の面影はなくなっても、かつての水源を大切に想い、守り伝える地域住民の意思に感動しました。ふるさと○○博物館では、現在の清水池がこのような形態で存在しているこの事実にも、文化財としての歴史的な意味を見出しています。

2018年2月12日 (月)

榎原の繭玉づくり

平成30211日(日)

 

こんにちは、八田うし子です。

Dsc_0994


今日は八田・榎原地区のどんど焼きでしたので、会場の榎原集落センターに取材に出かけました。この地区では、南アルプス市内で唯一1月ではなく旧暦に合わせた2月に、どんど焼きを行っています。

当日は午前中より榎原集落センターで繭玉をつくります。

この日は榎原地区の文化祭も同時開催なので、たくさんの住民で賑わっていました。

Dsc_0951←調理室では、お母さんと子どもたちが協力して熱湯でまとめた上新粉を丸めて、紅と白の繭玉をこさえています。

Dsc_0987←そのあと、繭玉は屋外の広場に設置された大なべで茹でられます。

Dsc_0970←茹であがった繭玉は、トレイに移され、くっつかないように上から上新粉をまぶします。

Dsc_0963←剪定した桃の枝に刺して出来上がり。

集落センター内には地域の方々が出品した手工芸などの作品が展示されています。午後からは踊りや歌なども披露されたようです。

どんど焼きは午後3時から火が点けられてはじまるそうです。

Dsc_0968


残念ながら、午後は野牛島でも行われている文化祭に参加したため、繭玉を焼くところは見られませんでしたが、この行事を地域住民が皆でゆったり楽しんでいる様子に好感をもちました。

まるで「田舎のおばあちゃん家に帰ったら、親戚のおじさんもおばさんも甥っ子も姪っ子もみんな居て、のんびりとお互いの近況報告や世間話なんかしていて・・・」という感じかなぁ。

昨今、地域に住むいろんな年齢層の住民が混ざりあって、ゆったり歓談できる場はなかなかないような気がします。

繭玉を子供たちと作っていたお母さんたちが「毎年、伝統行事を子供たちに体験させてあげられてうれしい」とおっしゃっておられたのが印象的でした。

榎原の皆さんが幸せを感じられるすてきなどんど焼き(+文化祭)でした。

うし子もしあわせのおすそわけ(甘酒と繭玉)をいただいてしまいまして、ご馳走様でした。

 

2018年2月 9日 (金)

八田長谷寺初午祭りの記録

平成3027日(水)

Photo

 

 原七郷の守り神である八田長谷寺は天平年間に開創といわれ、古くから雨乞いの祈祷所としても有名ですが、二月の最初の午の日に行われていた初午祭りも甲斐国中に名の知れた盛大なお祭りでした。

←原七郷の守り神、上八田の観音である八田長谷寺は山梨県南アルプス市榎原にあります。

 かつて、八田長谷寺の初午祭り(上八田の観音)には、興蔵寺の初午祭り(宮原の観音)と狐月山浄光寺の初午祭り(倉原の観音)とならんで、着飾った馬を連れた参詣人が多数押し掛けました

 今年の初午は27日(水)ですが、現在ではどちらも行われていませんので、その様子は文献などから想像するほかありません。

 

上野晴朗著「山梨の民俗上巻(昭和47年刊)」による『山日新聞(明治23年)』からの引用には「・・・中巨摩郡上八田村の観音は毎年非常に賑ひて、各農家にては持馬を美麗に飾り立てて参詣に行くを恒例となし、随て多くの露店等も出て、なかなかの人出なり。・・・」とあります。

442

左:鐘撞堂 右:観音堂

更に詳しい記述としては、若尾謹之助著

『甲州年中行事(大正時代記)』に

「上八田の観世音 祭礼の当日念仏講なるものありて念仏唱え、又僧侶の読経あり、此日氏子は馬を連れて参詣を為す、馬には尾に長き注連(大なるを一本)を着け、黄、紅、白等各思ひ思ひの布にて綯ひ、或は其儘なるを手綱となし、胴には美麗なる装束を着せ、十数個の鈴を付けたるを二人にて口を取りて引き行くなり、参詣の後鐘撞堂の周囲を七回廻るを例とす、口取りは華美に装ひ片肌抜ぎにて友禅模様等の襦袢を露はし、頭に扇子を組み合わせたるを笠となし揚々と繰り込むなり、又之を見物せんが為男女群集す」と記されています。


 引用が長くなってしまいましたが、うし子的には上八田の念仏講が初午祭りに合わせて行われていたことも興味深いです。

でも何といっても、頭から尻尾までを煌びやかに飾り立てた馬たちが鈴をシャンシャン鳴らしながら鐘撞堂の周囲をぐるぐるしている様子を想像すると、当時の人々を群衆させたこの祭りの吸引力が理解できます。

もし明治時代にうし子が生きていたなら、絶対に「見てみたいわぁ~」って思いますもの。

それから、その着飾った馬を引く人もすごく派手な恰好をしていたみたいで気になりますよね。

この文章から、往時の賑わいが相当なものであったことがわかります。あ~、いまは市内で全く行われていないなんて残念です。

Photo_2

歴史的に見ても、南アルプス市には牛馬の骨の大量出土で知られる平安時代の大集落であった百々遺跡や八田の御牧の存在もあるので、江戸時代・明治・大正期に、この地で馬に関するお祭りがこんなに盛大に行われていたという往時の記録は興味深いです。

長谷寺は平安時代には湧水地であったといわれている。

 

 ちなみに、初午の祭りは現在行われていませんが、長谷寺では国指定重要文化財の本堂(観音堂)に納められている県指定文化財の木造十一面観世音(次の御開帳は平成36年)の祭礼が、今年も318日に行われます。

現地で初午祭りを想像しながら、お出かけしてみるのもどうでしょう。

うし子

 

2018年1月15日 (月)

どんど焼きでソーセージ(繭玉もあるのよ)

平成30114日(日)

こんばんは、八田うし子です。

八田地区内のどんど焼きの取材がつづいています。

Dsc_0648


本日は下高砂神明社にて
18時から行われたどんど焼きにお邪魔してきました。

 六科と野牛島で行われていたのと同じようにオコヤはつくらず、笹竹を四隅に立て、縄をかけた方形の区画内で剪定した桃の枝を焚き付けにして、正月飾りや習字、お札などを燃すやり方です。

Dsc_0650ここ下高砂では繭玉(だんご)などを、どんど焼きの火であぶるために、それらを刺した棒を持った子供たちがたくさん参加していました。

Dsc_0647


「ワ~い、八田地区どんど焼きで初目撃の繭玉だぁ~♪」とうれしくなって夢中で撮影しました。

 子供たちの持っていたどんど焼き棒にうし子的分類を適用すると、分かれた枝の先に分散して繭玉を刺す『枝刺し型』、1本の長い棒に直列して23個の繭玉を刺す『直列型』、棒の先に針金を括り付けて垂らしてその先にアルミホイルで包んだ繭玉を5個くらい刺してつける『釣りざお型』の3タイプが見られました(ここでは見られなかったけれど、他に、繭玉を刺した針金を輪っかにして棒の先に括り付ける『首飾り型』もありますよ)。

Dsc_0655


そして、うし子はさらに面白いことを発見したのです!!何人かの子供が持っているどんど焼き棒の先に、繭玉ではない、なにか細長いものが刺さっているではありませんかっ。

「なんじゃこりゃ?これ何刺してきたの~?」子供たちに素直に尋ねてみると、「ソーセージっ!!」と大きな声が返ってきました。「ウッ、うまそうだね」とちょっと戸惑いの返事をしたうし子を置いてきぼりにして、周りの子供たちが口々に「ぼくもソーセージ、焼~き~た~い~」といった状況に・・・・・。

「じゃぁ、来年ね!」と母親たちに簡単にいさめられたのですが、「今度はマシュマロなんかも刺してきたらいいんじゃないかしら」などという声もきかれました。

Dsc_0685


こうやって地域の行事は少しずつその趣を変化させていくのですね。ここ下高砂では、来年も、さらに子供たちが楽しめる進化したどんど焼きがみられそうです。

こちらは釣りざお型の棒で焼いたお団子をおいしそうに頬張っていましたよ!

 しかし、昔も今もこれからも、どんど焼きは、地域住民が神聖な火に集い、互いの健康長寿を願いつつ結束を強める行事であることに変わりはないでしょう。下高砂の子供たちには、ぜひ故郷の楽しい行事である小正月の記憶を宝物にしてほしいと思いました。

うし子

2017年12月20日 (水)

榎原中沢瓦店

平成291220日(水)

 

こんにちは、八田うし子です。

 

今日の午前中は八田地区榎原の瓦窯跡を取材に行きました。

ここ中沢瓦店は先々代まで、地元八田の土を原料として製瓦業を営んでおられました。
Photo_6

 

 

 

 

 

南アルプス市で瓦といえば、瓦会館のある加々美が有名ですが、
御勅使川扇状地の堆積物のうち製瓦にきわめて良質とされる粘土は、
そのほかにも野牛島・榎原・上八田・下今諏訪でも産出しました。

野牛島では昭和
50年代くらいまで西の神あたりで粘土を採掘していたとの証言を得ています。

 

 

 

 

 

 

 

中沢瓦店さんの敷地には、今は使われていませんが、製瓦を操業していた時の釜と作業場が残っています。
きょうはその現状を撮影してきました。

Photo_8



 午後は甲西で古文書先生の西海女史に指導してもらいます。
野牛島の元名主宅にあった文書についてうし子の読み下しでよいかどうか添削をお願いしました。
あ~どうでしょうか、ちょっとドキドキする~!

 

うし子

2017年12月19日 (火)

はじめまして!○博調査のつれづれをつづっていきますね!

 はじめまして、八田うし子です。

南アルプス市ふるさと〇〇博物館の調査員をしています。

地域を歩いたり、おじいちゃんおばあちゃんのお話を聞いたりして地域の資源を掘り起こしている日々です。今日から、そんな日常を紹介していきますね!

きょうは、南アルプス市榎原区集落センターにお邪魔して、おばあちゃまたちから面白いお話をたくさん聴かせてもらいました。榎原区の元気で楽しいおばあちゃまたちとお会いするのは今日で4回目です。
いつも優しく招き入れてくださって、帰るときには「また来週もきてね、待ってるからね!」と言ってくれます。ありがたいです。

Dsc_0234

 昭和の初めから50年代くらいまでの榎原区の生活、とりわけ、「お蚕が床の間、人間が土間で寝ていた」という養蚕が生活の中心であった頃の話や、昔の主婦たちのお買い物事情として、近在のどの店にどんなものを買いに行ったかなどいままでに聴かせてもらいました。
 榎原に唯一日用品から食料品まで買えた店だった杉山定平商店、そのほか下高砂の杉山商店、穴水商店、徳永の手塚ストアー、野牛島の志村衣料品店、六科のだるまや等、おばあちゃんたちの口から次々とお店の名前が飛び出しました。


291128_3

 昭和40年代くらいまでは、いろいろな行商も来ていたそうですね。
たとえば、野牛島のシムラのおじさんや六科の人がリヤカーに乗せてくる「日用品・衣類」、上八田から来る「ほうき売り」、徳永の人が売りに来る「とうふ」、富山から来る「薬売り」、「ロバのパン屋」も「金魚や」も「アイスキャンデー屋」も榎原に来たから買ったそうです。
とりわけ、「瀬戸物屋」は
昼間にお茶碗同士をカチャカチャたたいて人寄せして、夜に店を広げて瀬戸物をたたき売りしたそうです。
その時の口上がとても面白くて、売りに来るのが楽しみだったとのこと。
10個くらいを藁縄できれいに結わえてもらって家に持ち帰ると、使えないことはなかったけれど、ちょっと底が歪んでガタガタするような品物ばかりだったそう。
榎原では集落センターのとなりにあった畳屋さんの庭先で瀬戸物の行商人が自動車でやってきて店を開いたんですって。



 
11_2 今日は特に、大正
11年生まれの杉山ナツエさんに岡谷で製糸工場の工女として働きに行っていた頃のお話を中心に録画してきました。
青春時代のとっても楽しいお話をたくさんしてくださいました。
ナツエさんは
十六・七歳(昭和1314年)の頃、2年間岡谷の製糸場で働いたそうです。
彼女は龍王駅から電車に乗っていったそうですが、当時は山梨県中からたくさんの女の子たちが岡谷に行って女子寮に入り、女工をしていました。
ナツエさんにとって女工時代は楽しい思い出がいっぱいだったそうで、男女交際禁止のなか夜に布団の中で内緒で読んだラブレターの話とか、厳しい仕事の中でも青春を謳歌していた様子をたくさん話してくださいました。

80年前の日本経済を支えていた製糸工場の女工さんの実際の仕事の様子や生活など、生の証言を聞けて幸せでした。


ナツエさんに出会えて感謝!ありがとうございます。うし子